山中、日本代表初招集に笑顔(サンケイスポーツ)

 サッカー・日本代表合宿(12日、大分市内)初招集のDF山中は同じ2016年リオデジャネイロ五輪世代のメンバーに「話すことも多いので、かなり溶け込みやすいですね」と笑顔。DF長友(ガラタサライ)が肺気胸というアクシデントに見舞われたこともあり、巡ってきたチャンス。左足の正確なキックが武器の25歳は「目に見える結果を残して生き残れるようにしたい」と意欲満々だった。

【関連記事】


Source:

森保監督が気合「勝ちにこだわる」(サンケイスポーツ)

11/13(火) 9:39配信

サンケイスポーツ

 サッカー・日本代表合宿(12日、大分市内)合宿は雨中のスタートとなった。森保一監督(50)は「(来年1月の)アジア杯に向け勝ちにこだわる」と年内最後の活動に意気込みを語った。「大分は好き。なじみの深いところ」と明かす。J1広島の監督時代に合宿地として、たびたび訪れた。また2003年、現役最後のシーズンになった仙台でJ2降格が決まった会場も大分だったという。思い出の地で、監督就任からの連勝を伸ばす。

【関連記事】


Source:

鹿島、テヘランから帰国(サンケイスポーツ)

 アジア・チャンピオンズリーグ初優勝を遂げたJ1鹿島が12日、テヘランからドバイ経由の航空機で帰国した。日本代表に初選出されたFW鈴木は決勝で右足首を負傷。しっかりした足取りで到着ロビーに姿を見せたが、代表合宿に向けて「何とも言えない。検査の結果を受けてからでないと分からない」。検査は13日に行われる予定。

【関連記事】


Source:

リクエスト制度 12球団、審判からは「やって良かった」の声(スポニチアネックス)

 理事会・実行委員会が都内で行われ、今季から導入された「リクエスト制度」についての検証、報告が行われた。

 12球団、審判からは「やって良かった」と評価する声が多かった一方、来季に向けて改善点などをリプレー検証検討委員会で議論していくことになった。今季は2回だったリクエストの回数や審判控室のモニターなどの設備面、リプレー検証の対象外だったプレーの扱いなどを検討していく。

【関連記事】


Source:

マエケン広島で「この場所の大切さ発信したい」(日刊スポーツ)

ドジャース前田健太投手(30)が、凱旋(がいせん)登板に広島への思いを込める。今日13日の「2018 日米野球」第4戦(マツダスタジアム)に先発。12日、MLB選抜の仲間と平和記念公園を訪れて原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館も見学した。

【写真】MLBチームに合流した前田健太と談笑する稲葉篤紀監督

「広島は9年間プレーした、自分にとっても大切な町。MLB代表として、日本人として、ここでプレーできる喜びを持って、この場所の大切さを日本にも米国にも発信したい」と表情を引き締めた。マツダスタジアム開催こそ、前田が参加を決めた大きな要素だった。赤ヘルの元エースは「久しぶりにマツダのマウンドに上がれる。ファンに喜んでもらえる投球をしたい」と約束した。

【関連記事】


Source:

ドジャース柳賢振のみQOに受諾(共同通信)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは12日、フリーエージェント(FA)選手と今季所属球団が規定額で1年契約を結べる「クオリファイング・オファー(QO)」の回答期限を迎え、韓国出身のドジャースの先発左腕、柳賢振のみが受諾した。

 ナショナルズからQOを受けていた2015年ナ・リーグ最優秀選手の外野手ハーパーや、同年のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)左腕でアストロズから申し出があったカイケルら残り6選手は拒否し、今季所属球団を含めた全チームと交渉が可能になる。

 QOは年俸1790万ドル(約20億4千万円)で、FA選手が今季所属球団と1年契約を結べる制度。

【関連記事】


Source:

NBAジャズ戦に渡辺雄太登録へ(共同通信)

 【メンフィス(米テネシー州)共同】米プロバスケットボールNBA、グリズリーズのビッカースタッフ監督は12日、テネシー州メンフィスでのジャズ戦にツーウエー契約の渡辺雄太を出場登録することを明らかにした。出場すれば10月27日のデビュー戦以来2試合目となる。

 渡辺は7月に下部チームのハッスルに所属しながらNBAに45日間昇格が可能な契約を結んだ。サンズとのデビュー戦では4分31秒の出場で2得点、2リバウンドを記録。ハッスルでは4試合に出場して1試合平均11.8点、8.3リバウンドをマークしていた。

【関連記事】


Source:

ジミー・バトラー加入を歓迎も自分を貫くエンビード「俺は言いたいことを言う」(バスケット・カウント)

『刺激的』な2人の遭遇が待つ未来は? 

写真=Getty Images

急転直下で決まったティンバーウルブズとセブンティシクサーズのトレードにより、ジミー・バトラーが東の上位候補シクサーズに加わることになった。

シクサーズの中心選手であるベン・シモンズは、トレードが報じられた直後にバトラーと話したことを明かし、加入を歓迎した。もう一人の核であるセンターのジョエル・エンビードは、まだバトラーと友人関係にはないようで、これからチームメートとして意思疎通を図っていく。

気になるのは、チームのためになると思えば、誰に対しても言いたいことを言う気性のバトラーが、シモンズ、エンビードと上手くやっていけるかどうかだ。

シモンズは「自分たちは似ている」と語ったが、エンビードは『ESPN』に、「俺は俺のまま。ジョエル・エンビードのまま」とコメント。そして「もし今回のトレードがチームにとって有益なら、問題はない。でも球団にとって良くないことになるのなら、黙っていない。俺は言いたいことを言う。思ったことをそのまま言う性格なのは、みんなが知っている。ただ、彼の加入に興奮しているんだ。俺たちは、きっと特別なチームを築ける。負担を背負ってくれる選手と一緒にやれるのは楽しみ。ファイナルに勝ち進んで、優勝を狙いたい」とも話した。

概ね、エンビードもバトラーの加入を歓迎してはいる。しかし、2人の個性がぶつかれば、チームは崩壊しかねない危険性を孕んでいるのも確かだ。ウルブズ時代に不仲が噂されたカール・アンソニー・タウンズよりも、トラッシュトークに優れるエンビードの方が物言うビッグマンなのは間違いない。彼らのケミストリーが機能しなければ、このトレードは失敗もいいところで、プレーオフ進出すら危うくなるだろう。

今は、『刺激的』な2人の遭遇が、シクサーズをさらに上のレベルに導くようになることを、願うしかない。

バスケット・カウント

【関連記事】


Source:

【バレー】石井優希「ミユ(長岡)は海外でステップアップ。私は新Vリーグでもっと目立つ存在に」(後編)(バレーボールマガジン)

常に高い意識を持ってリーグを戦う

――新リーグ「V.LEAGUE」が始まりました。久光製薬スプリングスとしてはディフェンディングチャンピオンとして臨むリーグ。昨シーズンはMVP、レシーブ賞、ベスト6にも選ばれました。思いや意気込みを教えてください。

石井優希(以下、石井):若い選手がすごく成長していて、国体で優勝するなど結果も残してきているので、今シーズンはいろんなメンバーを使いながら試しながらやっていくシーズンになると思います。久光製薬スプリングスは「強いけど、まとまりはない」と言われてたこともありますが、今シーズンはチームが固まっていると思いますし、全日本組が帰ってきても自然ととけこむことができて、シンゴさん(酒井新悟監督)がうまくまとめてくださっていて、新しくシゲさん(大久保茂和コーチ)が入って練習の雰囲気も今までと違っています。どうなるかわからないですが、今シーズンすごく楽しみです。もちろん目標は優勝です。

――この半年のリーグの過ごし方が3年目の日本代表へ向けても大切になると思いますが、石井選手の中では今リーグはどんなテーマ、課題を持って臨みますか?

石井:個人的には東京オリンピックを目標の一番に置いてバレーをやっているので、久光製薬スプリングスでしっかり結果を残さないといけないですし、久光製薬スプリングスも「世界と勝負できるチームになる」ことを目標にずっとやってきたので、国内で勝てばいいという考えにならないと思いますし、常に高い意識を持ってプレーできると思うので、そのまま日本代表にいい形で入れるシーズンにしたいと思います。

【関連記事】


Source:

4強見えた!錦織、“完全アウェー”でフェデラーを初ストレー倒/テニス(サンケイスポーツ)

 男子テニス・日東電工ATPファイナル第1日(11日、ロンドン)年間成績上位8人による今季最終戦。シングルスの1次リーグB組で世界ランキング9位の錦織圭(28)=日清食品=は同3位のロジャー・フェデラー(37)=スイス=に7-6、6-3でストレート勝ちし、白星発進した。錦織がフェデラーに勝ったのは、2014年以来で通算3勝目。13日の第2戦で同6位のケビン・アンダーソン(32)=南アフリカ=と対戦する。

 目を見開き、雄たけびを上げた。錦織の全身に気迫がみなぎる。第1セットを先取。続く第2セットは2度ブレークもあり、マッチポイントを迎えた。フェデラーのフォアが外れると、アリーナが大歓声に包まれた。

 「勝てない相手とは思っていない。彼もベストではなかった。(1セット目の)タイブレークを取れたこと、少ないチャンスの2セット目も取れたことが大きかった」

 これまで何度も跳ね返された大きな壁。前週のマスターズ・パリ大会を含め最近2カ月で2度負けていた。フェデラーからの白星は2014年3月のマイアミ・オープン以来4年8カ月ぶり。連敗を6で食い止めた。

 37歳の元世界ランク1位はツアー勝利数で通算100勝に王手をかけていた。選手入場では歓声の大きさが計測される演出があり、錦織の98デシベルを上回る103デシベルを表示した。客席に詰め掛けたファンはフェデラーの好ショットに沸き返る。錦織にとって、さながら“完全アウェー”の状況。しかし、そこに生まれた相手の隙を日本のエースは見逃さなかった。

 第1セット、5-6で迎えた第12ゲーム。粘り強く拾う錦織にフェデラーのいらだちは頂点へ。ボールを観客席に打ち込み、主審から警告を受けた。珍しく取り乱す元王者。周囲の過剰な期待が精密ショットを微妙に狂わせた。その様子をネット越しに観察していた錦織。6-6のタイブレークで先に1点を取られるも、強気なフォアで6連続得点と巻き返した。

 ハードコートの感触をつかめず、最後までリズムに乗れなかったフェデラー。錦織は第2セットも2-2から3ゲームを連取して1時間27分で決着。初めてストレートで倒し、通算3勝7敗とした。

 昨年8月に右手首を故障し、今年1月に実戦復帰。4月に世界ランクが39位まで落ちたがシーズン後半に復調した。故障で欠場した選手が出たため、繰り上がりで2年ぶりのファイナル出場。敗れたフェデラーが「彼は(ツアーの)下部大会から再出発してここまで来た。それは尊敬に値する」と素直にたたえるほどのV字回復だ。

 「自分がベストでなくても勝てたというのは大きなこと」

 波に乗った錦織は、13日にアンダーソンと激突。過去5勝3敗と相性はいいが、今年だけをみれば1勝2敗で油断は禁物。同組のもう1人、ティエム(オーストリア)とは過去3勝1敗だ。シーズンを締めくくる世界最高峰の舞台で大暴れする。


Source: