エンゼルス大谷、日本人4人目の新人王なるか…12日発表(スポーツ報知)

 エンゼルスの大谷翔平(24)が最終候補3人に残っているア・リーグの最優秀新人(新人王)は、12日東部時間午後6時48分(日本時間13日午前8時48分)に発表される。受賞すれば、日本選手では1995年の野茂(ドジャース)2000年の佐々木、01年のイチロー(ともにマリナーズ)以来、17年ぶり4人目となる。

 新人王は全米野球記者協会会員の投票で決まる。アはほかにヤンキースの両内野手アンドゥハー、トーレスが候補。大谷は同一シーズンでメジャー史上初の「10試合登板、20本塁打、10盗塁」を記録した。既に締め切られた投票では、二刀流の希少性がどこまで評価されたかが焦点となる。

【関連記事】


Source:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です