錦織圭「内容良くなかったけど勝てたことは自信に」全勝Vなら賞金3億円に(スポーツ報知)

◆日東電工ATPファイナル第1日(12日・ロンドンO2アリーナ) ▽1次リーグB組錦織圭2(7―6、6―3)0R・フェデラー

 【11日=大和田佳世】世界ランク9位の錦織圭(28)=日清食品=が同3位で6連敗中のロジャー・フェデラー(37)=スイス=から4年8か月ぶりの勝利を挙げた。1次リーグ(L)B組初戦で対戦。互いにミスが多い難しい展開で第1セットをタイブレイクで6ポイント連取で先取。第2サーブの工夫と、ピンチを招く前に立て直す危機回避能力で難敵に競り勝った。日本時間13日午後11時以降開始の第2戦でケビン・アンダーソン(32)=南アフリカ=と対戦する。

 ◆圭に聞く

 ―試合を振り返って。

 「まずは1試合目を勝てたことは大きい。両方とも、特に1セット目は良くなかったですし、ほとんどミスしていたので、なかなかリズムをつかみづらかった。内容は正直それほど良くなかったですけど勝てたことは自信になる」

 ―第2サーブを深く入れたり、バックの高い所を狙う意図は。

 「(サーブが)深くいったのはたまたま。リターンをどうにかしないと、というのはキーにしていた」

 ―第1セット、互いにミスが多かったのは。

 「自分は1試合目だったということもありますし、パリの後に休みをとったのもあってリズムが若干抜けていた。(今回の使用)ボールは飛んじゃったり重かったりするのであんまり好きじゃない」

 ◆ATPツアー・ファイナル

 ▼出場資格 1月からのツアー成績上位8人のみ。4人が2組に分かれてリーグ戦を行い、各組上位2人が準決勝に進む。錦織は9番手だったが、ナダルとデルポトロの上位2人が負傷欠場で繰り上がり。

 ▼高額賞金 出場するだけで20万3000ドル(約2200万円)が支給される。1次Lの1勝でも20万3000ドル。シングルスで全勝優勝なら271万2000ドル(約3億円)が手に入る。

 ▼超VIP待遇 ロンドン市内の5つ星ホテルのスイートルームに宿泊。試合会場や練習場へは、運転手つきのベンツで移動する。テムズ川の移動も、専用の船で行う。会場には専用のロッカー室があり、選手の名前入りのタオル、ひげそり用ワックスなどが完備されている。

 ▼錦織の成績 最高は14、16年の4強。1次Lは14年2勝1敗、15年1勝2敗、16年1勝2敗。


Source:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です