ジミー・バトラー加入を歓迎も自分を貫くエンビード「俺は言いたいことを言う」(バスケット・カウント)

『刺激的』な2人の遭遇が待つ未来は? 

写真=Getty Images

急転直下で決まったティンバーウルブズとセブンティシクサーズのトレードにより、ジミー・バトラーが東の上位候補シクサーズに加わることになった。

シクサーズの中心選手であるベン・シモンズは、トレードが報じられた直後にバトラーと話したことを明かし、加入を歓迎した。もう一人の核であるセンターのジョエル・エンビードは、まだバトラーと友人関係にはないようで、これからチームメートとして意思疎通を図っていく。

気になるのは、チームのためになると思えば、誰に対しても言いたいことを言う気性のバトラーが、シモンズ、エンビードと上手くやっていけるかどうかだ。

シモンズは「自分たちは似ている」と語ったが、エンビードは『ESPN』に、「俺は俺のまま。ジョエル・エンビードのまま」とコメント。そして「もし今回のトレードがチームにとって有益なら、問題はない。でも球団にとって良くないことになるのなら、黙っていない。俺は言いたいことを言う。思ったことをそのまま言う性格なのは、みんなが知っている。ただ、彼の加入に興奮しているんだ。俺たちは、きっと特別なチームを築ける。負担を背負ってくれる選手と一緒にやれるのは楽しみ。ファイナルに勝ち進んで、優勝を狙いたい」とも話した。

概ね、エンビードもバトラーの加入を歓迎してはいる。しかし、2人の個性がぶつかれば、チームは崩壊しかねない危険性を孕んでいるのも確かだ。ウルブズ時代に不仲が噂されたカール・アンソニー・タウンズよりも、トラッシュトークに優れるエンビードの方が物言うビッグマンなのは間違いない。彼らのケミストリーが機能しなければ、このトレードは失敗もいいところで、プレーオフ進出すら危うくなるだろう。

今は、『刺激的』な2人の遭遇が、シクサーズをさらに上のレベルに導くようになることを、願うしかない。

バスケット・カウント

【関連記事】


Source:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です