高田延彦が天心vsメイウェザー戦について言及「本人がリングに上がってゴングが鳴るまで、いくら契約しても分からない」(TOKYO HEADLINE WEB)

 RIZINの高田延彦統括本部長が11月12日、元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏と21時から生配信したワイドショー番組「高田横粂の世相談義」(FRESH!)内で現在、世界的な騒動となっている那須川天心vsフロイド・メイウェザー戦について言及した。

 この2人については両者そろい踏みのもと5日に会見が行われ、「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)での対戦が発表されたものの、3日後の8日にメイウェザーが自らのインスタグラムで一方的にキャンセルを宣言するという事態に陥っている。

 高田氏は番組の後半「私自身も話が決まって、記者発表の直前までのストーリーはすべて把握していた。報告も受けていた。しかし、この記者会見の後のメイウェザーが世界にSNSで発信したコメントに関してはまったくその意図が分からない。コメントのしようがない。何も分からない。“どうなっているんでしょうか? 逆に教えていただきたい”というのが今の私の本音。これ以上でもこれ以下でもない」と前置きしたうえで、今回の騒動について語った。

「彼は契約を締結している。そして自分の足で会見に来て“やる”ということを表明している」

 高田氏はまず「契約も締結しているし、本人がわざわざ来日して約束通り並んで会見をした。そしてコメントを出した。写真にも収まった。数日後にメイウェザーがあんなコメントをするとは露ほども予想していなかった。全世界のこのカードに期待しているファンに対して、今のところはコメントだけ聞くと裏切りにしか解釈できない。メイウェザーはこれだけの選手だから取り巻きも多いし、弁護士とか彼を一つの商品としてコントロールしたい人がたくさんいて、いろいろな思惑を背負いながら生きている」とメイウェザーの置かれている立場を説明。そして「猪木vsアリの時もそうだったし、私がバービックとやった時もそうだったが、本人がリングに上がってゴングが鳴るまで、いくら契約しても分からない。本人は戦う気持ちであっても、その気持ちを揺るがしかねないような、気持ちを変えようというような、足を引っ張ろうとするような見えない力が働いている可能性はある。これはあくまで予測ですよ。ただ事実としては彼は契約を締結している。そして自分の足で会見に来て“やる”ということを表明している。帰ってからいろいろなことがあったんでしょう。ただ言えることは彼がリングに上がるまでは予断は許さない」と話した。

 高田氏は新日本プロレス時代は長く猪木の付き人を務め、UWFインター時代にはボクシングの元世界ヘビー級王者トレバー・バービックをリングに上げ異種格闘技戦を行った経験がある。

 横粂氏が「やることを前提で世界的な炎上で注目を集めて、ファイトマネーも上げて、ペイパービューによる収入も増やしてやろうという、自己マネジメント的なものであってほしい」とファンとしての意見を述べると高田氏は「横粂さんが言うこともまんざらありえない話じゃない。もっと膨らませて、もっと注目を集めて、駆け引きをしようとしているのかもしれない。これもあくまで憶測。とにかく何はともあれ、ここまで来たんだから見せてくれよ、やってくれよ。だって約束したんだから。世界中のファンがこの戦いを待ってる。日本だけじゃない。世界中のファンが見たいんだよ」と熱っぽく語った。

【関連記事】


Source:

ズベレフがチリッチ下す(共同通信)

 【ロンドン共同】男子テニスの年間成績上位8人によるツアー今季最終戦、日東電工ATPファイナル第2日は12日、ロンドンで行われ、シングルスの1次リーグA組第1戦でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がマリン・チリッチ(クロアチア)を7―6、7―6で下した。

 今季の四大大会2勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)がジョン・イスナー(米国)と対戦。

【関連記事】


Source:

ズベレフ 最終戦1勝目、チリッチにストレート勝ち<ATPファイナルズ>(tennis365.net)

Nitto ATPファイナルズ

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は12日、グループ・グーガ・クエルテンの予選ラウンドロビン第1戦が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第5シードのM・チリッチ(クロアチア)を7-6 (7-5), 7-6 (7-1)のストレートで破り、1勝目をあげた。

【錦織vsアンダーソン 1ポイント速報】

第1セットでズベレフはゲームカウント2-5とチリッチにリードを許したが挽回に成功し、タイブレークの末に先取。第2セットは第10ゲームでマッチポイントを逃すも、再びタイブレークを制して勝利した。

Nitto ATPファイナルズに2年連続2度目の出場を果たしているズベレフは、昨年の予選ラウンドロビンでもチリッチに勝利していた。

日本時間13日の5時(現地12日の20時)以降には、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第8シードのJ・イズナー(アメリカ)のグループ・グーガ・クエルテン予選ラウンドロビン第1戦が行われる。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ
(3)A・ズベレフ 1勝0敗
(5)M・チリッチ 0勝1敗
(8)J・イズナー

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー(スイス) 0勝1敗
(4)K・アンダーソン(南アフリカ) 1勝0敗
(6)D・ティーム(オーストリア) 0勝1敗
(7)錦織圭 1勝0敗

【関連記事】


Source:

NHLが元選手らと和解へ(共同通信)

 北米プロアイスホッケー、NHLは12日、頭部のけがが原因で引退した100人以上の選手たちとの和解で仮合意したと発表した。金銭面の条件は明らかにされていないが、プロフットボールのNFLが同様の問題で元選手と合意した10億ドル(約1140億円)を大きく下回るとみられる。

 元選手側の弁護士は、複数の検査で影響を認められた場合、最高で7万5千ドルが支払われるとした。(AP=共同)

【関連記事】


Source:

[MOM2705]浜松開誠館DF山田梨功(3年)_相手の状況を見て、判断して完封勝利と先制弾(ゲキサカ)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.11 選手権静岡県予選 浜松開誠館高 4-0 藤枝明誠高 草薙陸]

 最終ラインに君臨する背番号14が、チームを決勝に導く決勝弾を叩き込んだ。

 浜松開誠館高のCB山田梨功(3年)は前半11分、右で得たセットプレーのためにゴールニアサイドに立つと、一度は相手に弾かれ、再び右サイドに転がって行くボールを見て、すぐさまポジションを取り直した。

 彼は潜り込むようにゴール中央のスペースに息をひそめると、そこに右SB市川侑生(3年)からのクロスが届いた。相手DFの意識は完全にニアに行っており、ゴール前で完全に山田はフリーだった。そして大きな身体を折り畳むように丁寧に頭で合わせると、ボールはゴールに吸い込まれていった。

「ボールに対してファーストタッチだったり、どこにボールを入れるか、どこから守備をするかと、常にどの試合でも相手を見ながら選んで判断をすることは、年間を通して取り組んでいる部分です。この大会はその集大成だと思いるので、今日はそれが出せたと思います」。

 試合後、山田は完封勝利の要因についてこう語ったが、先制弾も彼がセットプレー崩れから相手の状況を瞬時に読み取って、適切なポジションを取ったからこそ生まれたものだった。

 このゴールの後も空中戦の強さや対人の強さを見せて、守備面で存在感を放っただけでなく、得意の右足のキックでもチームの攻撃の起点になった。ボールを受けたら、前に運んで相手FWやボランチを食いつかせてから縦パス、斜めのパスを打ち込んだり、一気にロングボールを蹴り込んだりと、相手の陣形に合わせて判断を変えながら、多くの種類のパスを見せてリズムを作った。

「今日は先制してからの戦い方は修正が必要でしたが、相手が前に来る中、中央のスペースを見ながらやることは出来たと思います」。

 チームにとって14番は特別な意味を持つ。今や日本代表入りも噂されている清水エスパルス不動の左SBである松原后がかつて背負い、その後も須貝英大(現・明治大)が背負うなど、チームのエースナンバーになっている。

「14番で、しかもキャプテンは本当に重要な役割。責任と自覚を常に自分に言い聞かせてやっています。14番は后くんや須貝くんだったり、歴代の偉大な先輩が背負って来た番号なので汚すことは出来ないと思っています」。

 もし、次の決勝で勝てば、これまでの14番やキャプテンが成し遂げられなかった偉業を最初に成し遂げた選手となることが出来る。偉大な先輩達がずっと阻まれ続けた全国大会へ。彼は自分により自覚を促そうとしている。

「間違いなく決勝の静岡学園は厳しい戦いになると思います。でも、歴代の先輩達の経験を土台にして戦い抜きたい。僕は一昨年の決勝も、昨年の準決勝もピッチに立っていて、本当に悔しい想いをした。特に決勝で負けることが一番残酷と言うか、強烈に悔しい。もうあんな景色は絶対に見たくないので、決勝で絶対に勝って歴史を塗り替えたい」。

 悲願達成まであと1勝。まだ見ぬ景色を見るべく、山田はエンジ色に燃えるチームの先頭に立つ。

(取材・文 安藤隆人)


Source:

スケボ池田大亮が世界最高リーグへ、東京五輪へ前進(日刊スポーツ)

<スケートボード:タンパ・アマ>最終日◇11日◇米フロリダ州タンパ

ストリート男子で東京五輪を目指す池田大亮(18)が、アマチュア世界最高峰のコンテストで初優勝の快挙を達成した。

準決勝6位の池田は4位の青木勇貴斗(15)とともに10人で争う決勝に進出。1本目のランで92点の高得点をマークして頂点に立つとともに、世界最高峰のストリートリーグ(SLS)に挑戦する権利を手にした。

五輪のスケートボードを統括する「ワールドスケート」(旧国際ローラースポーツ連盟)が作成した五輪予選システムによれば、出場資格を得るには「五輪予選ランキング」で上位に入る必要がある。対象大会や得点配分は発表になっていないが、ストリートではSLS、パークではVANSシリーズ(VPS)が高得点になるのは確実。SLSの出場権を得るのは、東京オリンピック(五輪)への近道になる。

中国・南京で3日まで行われた第1回パーク世界選手権に出場した池田は帰国した5日、東京五輪について「出場できるなら、出場してみたい。でも、そのためにはタンパで結果を残さないと」と話した。2日後にはタンパ入り。万全の準備で大会を迎え、今年最大の目標を達成した。

【関連記事】


Source:

興毅氏託した「和毅よ亀田家最後のとりでになれ」(日刊スポーツ)

<プロボクシング:WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定12回戦>◇12日◇東京・後楽園ホール

WBC世界スーパーバンタム級2位亀田和毅(27=協栄)が同暫定王座奪取し、トレーナーを務める長兄の興毅氏(31)は「素晴らしい試合だった。(同級1位)メディナ選手が強くて、パンチがあって。中盤でペースを握られそうになったけれど、和毅は持ち直した」と成長を評価した。15年にWBA世界バンタム級王者マクドネル(英国)と2度対戦した際、終盤で失速した苦い経験が今、生きていると強調し「あれから和毅はフィジカルもパワーもついて、最後の4ラウンドだって2、3ラウンドはポイントを取っていた。まだまだ伸びしろはある」と手応えを口にした。

亀田家に15年以来、3年ぶりに世界王座が戻ってきた。興毅氏は「オレが3兄弟の長男として引っ張ってきたように、和毅には亀田家最後のとりでとして(いとこ)京之介、(妹)姫月を引っ張る立場になってほしい」とエールを送っていた。

【関連記事】


Source:

亀田和毅に判定負けのメディナ「トモキが素晴らしい試合をした」 自慢のあごひげも短くカット(スポーツ報知)

◆プロボクシング 世界戦▽WBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 ○亀田和毅(判定3-0)アビゲイル・メディナ●(12日、東京・後楽園ホール)

 WBC世界スーパーバンタム級2位・亀田和毅(27)=協栄=が、同級1位アビゲイル・メディナ(30)=スペイン=に3-0の判定勝ち。同級暫定王座を獲得し、世界2階級制覇に成功した。

 「ハンマーパンチ」の異名を取る強打を武器にするメディナだったが、和毅のスピードの前では無力と化した。「序盤はトモキの速さに驚いた」と控室でうなだれた。

 試合開始からパンチは再三、空を切った。6回以降はセコンドからボディー打ちを指示され、「いいパンチを腹に打てたと思う」と振り返ったが、長くは続かなかった。

 試合前日に亀田陣営から「目に入って危険」と指摘された長く伸びたあごひげは短く刈り込み、大一番に挑んだ。敵地での判定負けに「採点に不満はないよ。トモキが素晴らしい試合したのは見ての通りだ」と口をへの字にし、「できれば再戦をやりたいけどね…」とつぶやいた。

【関連記事】


Source:

亀田和毅の2階級制覇 父・史郎氏は涙目で「井上尚弥がきたら面白い」(スポーツ報知)

 ◆プロボクシング 世界戦▽WBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 ○亀田和毅(判定3―0)アビゲイル・メディナ●(12日、東京・後楽園ホール)

 3年ぶりの世界挑戦で2階級制覇に成功した亀田和毅の世界戦のリングサイドには迷彩服のジャケットをまとった父・史郎氏がいた。三男の戦いを見届け、「めちゃくちゃうれしいよ。この3年のブランクは、めちゃくちゃ厳しかった」と目を腫らして喜んだ。

 2010年3月に長男・興毅の世界戦を巡るどう喝問題で、国内では事実上の追放処分を受けた。和毅がWBO世界バンタム級王座に初挑戦した5年前はセコンドとしてリングに上がったが、この日は大声を出しながら観客席で見届けた。

 興毅の3階級、次男・大毅の2階級に続き、和毅も複数階級を制覇。3兄弟での複数階級制覇は史上初となり、史郎氏は「そりゃ、めちゃくちゃうれしいよ」と涙をぬぐった。

 2人の兄が引退し、和毅が最後のトリデとなった。この間は「俺は和毅の練習には口出しなかった」と史郎氏。12年に東京を離れて子離れ。出身の大阪に戻り息子たちの行く末を黙って見守ってきたという。「この3年間はこのまま…、という不安はちょっとはあった。でも俺ら亀田家は常にプラス思考で考えるから。めげない和毅を信じてやってきた」。和毅の心境を史郎氏は「亀田家はボクシングしかない、もうやるしかないって、気持ちだったと思う。お兄ちゃんがもう引退しているから、自分が負けたら終わり、ここは必ずという、プレッシャーとの戦いだった」と代弁した。

 1階級下のWBA世界バンタム級王者に3階級制覇の“モンスター”井上尚弥(25)=大橋=についても触れた。将来的に和毅と同じスーパーバンタム級に転向する可能性があるため、史郎氏は井上に熱視線。「和毅が力をつけて自信つけていって。(挑戦者として)井上がきたら面白い」と語った。

【関連記事】


Source:

【ボクシング】亀田興毅、今後は和毅のサポートとイベントプロデュースに専念(イーファイト)

 11月12日(月)東京・後楽園ホールにて開催された『東京ファイトクラブ vol.3~亀田和毅世界戦~』で、同大会のプロデューサーを務める三階級制覇王者・亀田興毅(31)がリング上から直接ファンに引退を報告した。

【フォト】改めてリング上からファンに2度目の引退の挨拶をした亀田興毅

 亀田は2日前の10日(土)自身のブログにて2度目となる引退を発表していた。

「5月5日にポンサクレックと試合をして、それで終わろうと思ったんですが、欲が出て。あともう1回やってみたいと思って言ってみたんですが、残念ながらそれはかなうことなく、引退することを決断しました」と、対戦を希望していたローマン・ゴンサレス戦を断念したと話す。

 続けて「今はもっと大きいものがあって、亀田和毅を世界チャンピオンにすること。そして今後スーパーチャンピオンにすること。今後は和毅に対して全力でやっていきたいとの気持ちです」と、弟・和毅のサポートに全力を注ぎたいとした。

 また「今の亀田興毅があるのはボクシングのおかげです。だからボクシングをもっともっとメジャーなスポーツにしたい。例えばキックボクシングはK-1がメジャー、総合格闘技はRIZINがメジャー。じゃあ、ボクシングと言えばTFCと言われるくらいにしたい。一番じゃないと誰の記憶にも残らないです。日本で一番高い山は富士山。じゃあ二番目に高い山は? 一番大きい湖は琵琶湖、じゃあ二番目は? 知っている人もいるでしょうけれど知られていないと思います。

 僕はTFCを一番にしたいです。ボクサーがボクシングだけでメシがみんな食えるくらい一大イベントにしていきたいと思います。それが亀田興毅のボクシング界への恩返しだと思っております」と、TFCをボクシングで一番のイベントにしていくことが今後の目標だと語った。

【関連記事】


Source: